「デリケートゾーンのニオイが気になっていい感じになれない」

「脇の匂い気になって海やプールに行くのが怖い」

「ワキガやデリケートゾーンに効果がある商品をダメだった」

といろいろなワキガやデリケートゾーンの対策をして失敗ばかりしていませんか?

デオプラスラボプラチナムはリピート率86%を超える女性のためのデオドラントクリームなんですよね。

楽天のリアルタイムランキングでも1位を獲得しているので効果は実証済みです。

JJやクラッシィ、メンジョイといった各種メディアでも取り上げられているので一度は名前をきいたことがあるとお思います。

デオプラスラボプラチナムは特にデリケートゾーンやワキのニオイにアプローチしたクリームなので夏の汗のニオイ対策はもちろん、冬の濃い汗にも活用したいクリームですよ。

そんなデオプラスラボプラチナムの口コミや効果、成分について調べてみました!

↑↑デリケートゾーンやワキの匂いに悩んでいる方は今すぐチェック↑↑




デオプラスラボプラチナムって?

ほんの一塗りで気にかかるゾーン、具体的に言えば脇、デリケートゾーン、足裏などの不安に感じる臭いを排除して、出かける際やデートの時に手間のかからないデオドラントクリームです。

デオプラスラボプラチナムはデオプラスラボの後継商品。

と言いましても成分に大きなちがいはなく、デオプラスラボプラチナムはデオプラスラボに自然な香りをつけて、全身の気になる匂いの箇所に使用できるクリームです。

デオプラスラボはワキガ用で無香料

デオプラスラボプラチナムはワキガ、デリケートゾーン、バストトップ、足裏、加齢臭、耳裏、手汗といった全身のニオイに使用することができ、香り付

といった特徴があります。

なのでこれからデオプラスラボを購入するか、デオプラスラボプラチナムを購入するか悩んだら、気になる部位に積極的に使用することができるデオプラスラボプラチナムの購入がオススメです!

信頼の置ける日本製で、消臭、制汗効果も上昇しました。無添加、無香料、無着色で表皮に配慮して、どんな人の素肌へも適応しているんですよね。

加齢臭も抑制してもらえるの優れたデオドラントクリーム。外出している最中に体臭が気掛かりになった際にはスピーディーに塗布しでテンションも上昇させてくれます。

有名通販サイトでも高評価の口コミや評判、制汗クリーム部門ダントツ人気の真骨頂であるデオプラスラボプラチナムは、夏前や冬の勝負日に試してみてるか地ありです!120日間の返金保証がありますので、安心してお試しもできるんですよね。

ワキガの主な原因はアポクリン腺と常在菌!

ワキガ臭のイメージ画像

ワキガの症状は汗臭さとは違う、独特な臭いが発生している状態であり、様々なことが原因により、臭いを発生させています。

ワキガやあの独特のニオイの原因って一体なんなのか?

気になる原因について迫ってみます

ワキガの主たる原因として、アポクリン腺から出てる汗が挙げられます。

汗が臭いということではなく、アポクリン腺から出てくる汗に含まれている成分が皮膚の表面にある常在菌と絡むことで臭いを発生させます。

汗には脂質やタンパク質、アンモニアなどが含まれており、これが混ざり分解されることによって独特な臭いが発生してしまいます。

一方、アポクリン腺とは別の汗腺であるエクリン腺から出てくる汗は水と塩分のみであり無臭ですが、アポクリン腺から出てくる汗と混ざり合うことで拡散されてしまい、それが体全体に広がってしまう問題があります。

また、腋毛があることにより、その分、湿度が高くなり、細菌が繁殖し、結果として臭いの物質を増やしているということも原因と考えられます。これらが一般的な原因とされています。

ワキガは遺伝によって発生すると言われており、例えば欧米ではほとんどの人がワキガ体質と言われていますが、これは代々遺伝によって引き継がれていることが言えます。

日本ではこうした体質を持つ人が限られているため、両親のいずれかがワキガ体質ということであれば5割の確率で引き継がれてしまいます

実際にワキガに悩み始めるのは思春期の頃が多く、そのあたりに注意が必要あり、子供が悩んでいる可能性も考えられます。

ワキガの原因に生活週間も関連しています

ワキガの原因であり、ワキガ臭の原因としても考えられるのが生活習慣です。

アポクリン腺から出てくる汗に含まれる脂質、タンパク質、アンモニアなどが材料となりそれを常在菌が分解することで臭いを発生させますが、この汗があまり良くない状態であればさらに臭いを悪化させることになります。

例えば、運動の習慣がない人がいきなり大粒の汗をかいた場合、悪臭が周囲に漂い、嫌悪感を感じることがあります。

この場合、老廃物も汗となって排出されるだけでなくベタついた汗が出てくるため、それが雑菌を繁殖させやすく分解させやすい環境にさせています。

ワキガ体質の人はその体質を改善させることは難しいことから、生活習慣を規則正しいものにすることが大事です。

  • 暴飲暴食は控える
  • 早寝早起きを心がける
  • 運動の習慣をつける

といったことに注目してベタついた汗を出さないことが大切です。

そして汗の成分をできるだけいいものにするバランスのとれたものにするなどのことが求められます。

見落としがちな、ワキ毛処理

また、腋毛の手入れをしていない場合もワキガ臭の要素となってしまうため、できるだけ手入れをしておくことが求められます。

腋毛があると水着になった場合、肌を出す場合に見た目が悪いから処理をするという人もいますが、ワキガ対策としてもかなり有効です。

そして、常にその部分を清潔にしておき、できるだけのこと、対策を立てておき、外出している時にはシートなどで拭いてあげるなどのことをしてワキガ、ワキガ臭に悩まなくて済むようにしていくことが大切です。

エクリン腺とエポクリン腺の主な特徴

脇汗のイメージ画像

汗は全身から出ますが特に脇は汗の出やすい部分ですので、洋服に汗がしみてしまい、体臭が出ることを気にしている人は多いのではないでしょうか?

夏場は特に汗が出やすいこともあり、消臭剤や制汗剤を駆使している人も少なくありません。

汗も様々なタイプがあり、サラサラして臭いが少ない汗もあれば、粘り気があり体臭が発生しやすくなるものもあり、なぜその違いがあるのかと気になっている人も結構いらっしゃると思います。

実はエクリン腺とアポクリン腺によって汗に特性に違いがあります。

体の中でも特に分泌が多い脇汗はエクリン腺、アポクリン腺から出ますがそれぞれの違いはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

まず、エクリン腺は体のあらゆる部位に存在しており特に頭や顔、背中などに多く、体のほとんどの汗はこちらから出ているとされています。

エクリン腺から出ている汗は、酸性ですが、そのほとんどが水分でできており、それ以外の成分は塩分、カリウムなどがあげられます。

汗の成分はほとんど水分ですのでサラサラとしており、ほとんど匂いがないのも特徴です。

そしてエクリン腺で汗が出ることは肌も酸性になりやすくなっていますので、雑菌の繁殖を防ぐこともでき、こちらも体臭を抑えるのに役立ってくれます。

そして、アポクリン腺は脇の下、耳、陰部、乳輪などに存在するもので毛穴から汗が出ておりアルカリ性となっています。

その汗の7~8割程度は水分となっていますがタンパク質、脂質、アンモニアなども含まれており、こちらから出ている汗は体臭の原因になるとされています。

そしてエクリン線は肉眼で確認できないほど小さいのに対し、アポクリン腺は毛穴と出口を共有している大きな汗腺であるという違いもあります。

成長ととも大きくなる傾向にあり、老年期になるとまた小さくなっていくという特徴もあります。

こちらから出る汗は塩分はほとんど含まれておらず菌が繁殖しやすくなり、それゆえにワキガなどの体臭も発生しやすくなっています。

ワキガの発生で注意したいこと

動物性の脂肪を摂りすぎるとより体臭が強くなる傾向にありますので、体臭で悩みのある人はこうした食品を摂りすぎることは控えておきたいところです。

さらにエクリン線の汗はほとんどが水分ですが、アポクリン腺から出る汗は栄養分をたっぷり含んでいますので粘り気があるのも特徴的です。

アポクリン腺は汗を出して体温を調節するだけではなく、臭いの物質を作り出すという働きもあります。

もともとはより広い範囲にあったものが進化とともに、体毛が退化していく過程で部分的に存在していると考えられています。

そしてエクリン線の汗は臭いは少ないですが、臭い物質もわずかに含んでいますので、まったく無臭というわけではありません。

とはいえ、蒸発力が高いので体にはあまり臭いはつかず、そのかわりに衣服に付着して衣服が臭いを発することがあります。

汗は全身同じように出ているというイメージがありますが、それぞれの腺から出る汗はかなり性質が違うということはよく理解しておきましょう。

ワキガでを気をつけたい食事とは?

和食のイメージ画像

ワキガで悩んでいる多くの女性たちは、これ以上あの独特な体臭を悪化させないように食事についてもいつも気を使っています。

食事は毎日しっかりと摂らなければいけないものですが、食べるものによってはワキガの臭いをひどくしてしまうものもあります。

また、あの気になる臭いを抑えてくれる効果のあるものもあり、そのようなものを毎日の食事で食べるようにしていけば、臭いを抑えてくれるという安心感も梅らてきます。

おの独特な臭いを効果的に抑えてくれる食事を見ていきます。

効果的な食事は、基本的には魚を中心とした、大豆や野菜と言ったものを多く含んでいる障子で、和食を中心としていきます。

その中でも、効果的にあの臭いを改善してくれるものの中で代表的なものが梅干しです。

梅干しはアルカリ性の食品で、カリウムやマグネシウムやナトリウム、カルシウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。

ワキガの臭いの原因に活性酸素がありウイルスなどを退治してくれる働きをする大切なものですが、この活性酸素が増えすぎてしまうと身体の中にノネナールという物質ができてしまいます。

この物質は活性酸素が分解することでできてしまうもので加齢臭の原因となってしまうものです。

活性酸素が増えてしまうとこれ以外の臭いの原因となってしまう物質が作られてしまうため、あの独特な臭いもきつくなってしまうのです。

身体を酸化させてしまうと臭いがきつくなってしまうので、アルカリ性に身体を保つことが重要になります。

和食の中で特に意識してとりたい食品

梅干しにはアルカリ性に体を保つ効果があるので、ワキガの臭い対策にも効果的なのです。

また、わかめやもずくなどと言った海藻類も効果的な働きをします。

これらの海藻類に含まれているフコダインという成分には人間の身体の中には悪臭となってしまう成分が溜まってしまっていることがあり、その悪臭の元になる成分をフコダインは身体の外に出してしまう働きをしてくれるのです。

また、海藻類に含まれる成分のアルギン酸は食物繊維でもあるので、身体の中に摂り込まれると腸の働きを整えてくれたり、悪臭の元になっている成分や溜まってしまっている老廃物などを身体の外に出してくれる働きをします。

また、海藻類は活性酸素の働きを抑えてくれるアルカリ性なので、身体が酸化してしまうことを防ぐのであの臭いを抑えるのに効果的な働きをします。

野菜類も大切ですよ!

これら以外でも有効なものには、緑黄色野菜の中のほうれん草やサツマイモやゴボウ、人参などが有効です。

栄養のバランスが取れた和食を中心に食事をすることが効果的です。

また、ワキガの臭いを悪化させてしまう食事もあります。悪化させてしまう食事には、牛肉や豚肉、鶏肉といった肉類があります。

これらは体臭を濃くしてしまう働きがある動物性タンパク質を多く含んでいるものなので、ワキガの臭いも悪化させてしまうのです。

また、動物性油脂をたくさん含んでいるものも、あの臭いひどくする原因となってしまいます。

動物性油脂は肉類の他に、バターやラードなどがあり、女性の大好きなケーキにはたくさんのバターや、中華料理の中にはラードがたくさん使用されています。これらに気を付けてワキガ対策を行うと効果的になります。

ワキガ、体臭、あそこのニオイの対策クリームって実際どうなの?

クリームのイメージ画像

ワキガ・体臭対策クリームは、汗や皮脂の抑制をする成分を含んだデオドラントクリームです。

ボディ全体に使用できますが、特にワキガ・スソワキガなどの強力な臭いを抑えることを目的としています。

アポクリン汗腺が存在する部位は、皮脂腺からの皮脂と混合することで強い臭いを発してしまうのです。

エクリン汗腺からの臭いと比べて強烈なので、通常のデオドラントでは対処できないことが多いですね。

ワキガ・体臭対策クリームには優れた殺菌作用があり、臭いの原因菌を発生させません。

汗や皮脂の抑制することで、原因菌を抑えることにもつながるのです。

ワキガが発生する瞬間には、すでに汗と皮脂が発生してしまっています。

これらが反応して不快臭を発生させるので、制汗作用も大切になってきます。

汗をかかないことが何よりも大切であり、予防しきれなかった汗に対しては殺菌作用によって原因菌を抑えていくのです。

殺菌と制汗のダブル作用を有しているのがワキガ・体臭対策クリームの特徴であり、通常のデオドラントより強力になっています。

クリームやスプレー、液体の特性

塗りやすさでは液体やスプレーなどのほうが優れていますが、クリームにするには理由があります。

ワキは汗が多い部位なので、液体やスプレーだとすぐに流れ落ちてしまうからなんですね。

成分も流れてしまうと、その瞬間から消臭作用を発揮できなくなります。

クリームだと有効成分が肌に長時間残ってくれるので、塗り直しの回数を減らせるメリットもあります。

最近のワキガ・体臭対策クリームは非常に高性能であり、1日1回で24時間の消臭効果を発揮できるものが多いです。

入浴後に使用することで、翌日の同時刻まで消臭作用が続いてくれるのです。

朝に使用するタイプもありますが、入浴後の使用を推奨しているタイプのほうが消臭作用は長続きする傾向があります。

ほとんどの方は入浴後に就寝する傾向がありますが、就寝中にもある程度の発汗はあるのです。

汗をかくと雑菌も生まれますから、寝起きの状態でワキがすでに臭っている可能性があります。

この状態でデオドラントを使用しても、すでに発生している臭いを完全に消すことは難しいわけです。

そのため入浴後に使用し、その瞬間から殺菌・制汗をしていく必要があるわけです。

ワキガ・体臭対策クリームはアソコのニオイにも活用されています。

ワキガ・体臭対策クリームは蒸れに対して強いので、デリケートゾーンの臭い対策にも使用されています。

消臭効果を高めるコツは、必ず清潔な状態で使用することです。

汗や皮脂でベタついている状態で使用しても効果が半減するので、入浴後の清潔な状態で使用してください。

塗布したあとは乾燥させてから衣服を着るようにするのがコツです。

ワキガ・体臭対策クリームの効果を高めるには、ワキ毛の処理は定期的に行っておくべきでしょう。

ワキ毛が生えていると塗布するときにムラが発生しやすいので、脱毛してツルツルにしておくべきなのです。

セルフケアのワックス脱毛を行ってから使用することで、消臭効果を倍増させることができます。

デオプラスラボプラチナムの大きな3つの特徴!

デオプラスラボプラチナムがワキガや手汗、デリケートゾーンの匂いになぜ有効で、口コミや評判でも高評価なのでしょうか?

デオプラスプラチナムの大きな特徴に迫ってみますね。

デオプラスラボプラチナムの大きな特徴といってもいい柿タンニン

柿タンニンには古来から頑強な天然由来の消臭剤として利用されてきた実績が存在します。

柿タンニンには臭いを分解する効果が見込めるためなんですよね。

タンニンは匂いのもとを分解して、消臭の効果が抜群であることによって数多くあるデオドラントコスメに導入されているわけです。

デオプラスラボプラチナムには従来品のデオプラスラボより約40倍もの柿タンニンが含有されていて、ワキガやスソワキ、デリケートゾーンのニオイを約97%阻止することが可能なんです

化学的に生み出された消臭成分とは違いますから素肌へのストレスや刺激といったものがほとんど見受けられません。また、非常に敏感なデリケートゾーンに心配をせずに活用する事が出来るのですよね。

この他にも天然成分である消臭成分として海藻エキスや緑茶エキス、紅茶エキスといった気になるニオイを防ぐことのできる成分がデオプラスラボプラチナムには配合されています。

主成分のイソプロピルケチルフェノールの配合でニオイの原因菌を24時間以内で99.999%除菌

デオプラスラボプラチナムの主成分の1つであるイソプロピルメチルフェノールには、ワキガ・足臭・すそワキガが生じる原因の菌が繁殖する皮脂腺・エクリル汗線・アポクリル汗線の細菌を滅菌し根絶する効果を発揮します。

さらには、ニキビの原因菌と見なされるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌することによってニキビ対策の化粧水やクリーム、ジェルなどにも採用されている成分ということでも厚い支持を得ています。イソプロピルメチルフェノールはメインにして殺菌作用のある成分になるんですよね。

とは言っても、7~8月の夏野シーズンなどの常に汗が出る季節はとりわけニキビやニオイのもととなる原因菌が多量に発生してくるため、イソプロピルメチルフェノールだけで殺菌するには限度があるんですよね。そこで、殺菌だけでなく菌の増殖や繁殖を抑制することなども極めて大切になってくるのです。

デオプラスラボプラチナムにはイソプロピルメチルフェノールが主成分と配合されていて、日本防菌防黴(にほんぼうきんぼうばい)学会に所属している株式会社ユニオンバイテックの殺菌効力の試験で除菌の効果が証明されています。

その試験結果ではワキガや足の裏といったニオイのもととなる原因菌の除去率が99.999%という結果が出ているんですよね。

ワキガの主な原因は皮膚の表面にいる常在菌が汗の中の皮脂を分解することで独特の臭いが発生します。ですので、デオプラスラボプラチナムに配合のイソプロピルメチルフェノール殺菌効果は驚くほど効果を発揮してくれます。

デオプラスラボプラチナムから配合されたシチリアレモンの香り

ワキガやデリケートゾーンに効果のあるデオドラント系コスメは無臭のものがほとんどですが、デオプラスラボプラチナムにはシチリアレモンの香りがプラスされています。

従来品のデオプラスラボは香りがなく無臭でしたが、今作は香りいい香りがします。

香りってとても大切で、素敵な香りの女性に行為を持ってしまうというのがリサーチ結果があるほどなんですよね。

確かにキャバクラで一緒にはたらく女の子は良い香水の香りがしますし。

といっても、ほとんどが自分の好みの香水をつけていてそこまで考えて香水しているとは思わないですがw

身近なところでシチリアレモンの香りといえばアイスのパピコ!香りというか味ですが。

ちなみにレモンは殺菌や消毒作用があるだけでなく、フレッシュな香りの成分であるリモネンが気分の高揚や気持ちの切り替えをしてくれるんですよね~。

更に集中力や理解力の向上なども期待できます!

なのでお出かけ前にいくニオイ対策だけでなく、気持ちも前向きになれますよね。

柿タンニンとは?

消臭効果も見込める柿タンニンは石鹸、クリーム、サプリなどのデオドラント化粧品やコスメに多く採用されている成分です。

柿は非常に栄養価の高い果物でして柿に含まれる栄養成分を見てみると、ダイエットに効果があったり血圧を下げる作用も期待できます。健康対策としても注目される果物であり、気軽に摂取できる点も大きなポイントです。

そんな柿タンニンについて今回は書いてみました!

柿本来の期待できる効果や作用

柿のイメージ画像

含まれる成分としてチェックしておきたいのが柿タンニンです。

タンニンはポリフェノールの一種であり、毛細血管の浸透性を高めて正常に保てるように促してくれます。また、血圧をちょうど良く調節してくれる働きも持ちますので、血圧を安定させたいと考えている人に最適です。

ダイエット面では、体内の余分な脂肪を排出させる働きがありますので脂肪を溜め込みやすい体質を改善したい時にも活用できます。

血行が良くなりますので、基礎代謝をアップさせることにもつながりますので、痩せやすい体作りを行うことが可能です。

ダイエットでは基礎代謝を高めることが必要不可欠となりますが、一般的に行われている食事制限を行うような方法ではかえって代謝が低下してしまいます。

しかし、柿タンニンを上手く活用することで自然と代謝が良くなりますので、厳しい食事制限をしなくても痩せやすくなります。栄養価に優れていますので柿の葉茶などを利用すればダイエット中でも栄養不足を防ぐことができますし、ダイエット効果も高まります。

柿タンニンのポリフェノールは消臭効果も期待できます

柿を食べた時に感じる独特の渋みがポリフェノールの一種である柿タンニンであり、タンパク質を変性させて血管を収れんさせる作用があります。

血圧を下げたり脂肪を分解して肥満を解消させるだけでなく、強い抗酸化作用を持ちますので老化を効果的に予防することができます。

また、体内の悪玉コレステロールを減らす働きもありますので、血液がサラサラになって動脈硬化を予防することもできます。

更に体臭や口臭の改善にも期待される成分であり、悪臭の元になる成分と結合して変性させることで消臭効果が得られます。日頃からお酒を飲む機会の多い人には、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドと結合して体の外への排出させる作用も注目されています。

柿にはデメリットも存在します

このように優れた効能を持つ柿タンニンですが、摂取のし過ぎは良くありません。実は便を固くする働きもありますので、摂取し過ぎると便秘になってしまう恐れがあります。

ただし、適量なら下痢や軟便を改善することができますので、正しい範囲で利用することが大切です。

それ以外にも、タンニンは鉄と結びつくとタンニン鉄というものに変化するのですが、これが水に溶けにくい性質を持っていますので腸から吸収されにくくなってしまいます。

特に植物性食品に含まれる非ヘム鉄はタンニンと結びつきやすいので、吸収の阻害が起こりやすくなります。

これに対処するには、ビタミンCを一緒に摂取することで非ヘム鉄を吸収しやすい形に変化させて取り込むのをスムーズにすることができます。日頃から貧血気味の人にはこのような点にも注意しなければなりませんが、トータルで考えればメリットの方が多い成分です。です。

デオプラスラボプラチナムの値段

デオプラスラボプラチナムの値段表
1回限り注文 定期コース
価格 9528円(税別) 5612円(初回) / 6423円(2回目以降)
送料 620円 無料
返金保証 120日間 120日間

*2017年4月5日現在の価格、送料、返金保証となっています。時期やイベント時には変更になるおそれがございますので、公式サイトにて必ず確認をお願いします。

デオプラスラボプラチナムの成分

デオプラスラボプラチナムの全成分を調べてみました。

デオプラスラボプラチナムの成分
商品名 デオプラスラボプラチナム
有効成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
その他の成分 カキタンニン、チャエキス(1)、紅茶エキス、セージエキス、シャクヤクエキス、ドクダミエキス、甘茶エキス、ユキノシタエキス、海藻エキス(5)、加水分解シルク液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、メントール、無水エタノール、香料

デオプラスラボプラチナムの良い口コミ

デリケートゾーンの匂い対策にと使用してみました。生理前など匂いが気になるときに使ってみましたがとてもいいと思いました

自分だけでなく他人をも不快にしてしまう匂いの解消になりますまた自分の匂いが気になっている人にも使って欲しいと思います
使用した際に刺激などはありませんでしたので安心して使えます。また体臭対策にも使用できます

デオプラスラボPLATINUM 15g。デリケートゾーンにも使用可能な「医薬部外品」薬用デオドラントクリーム。

国に効果を認められた医薬部外品!冬だって汗をかくとき、気になります。

こちらの商品は「イソプロピルメチルフェノール」という成分が配合されていて皮膚中の雑菌を減らす作用があります。しかも、特殊な製法で成分を分子レベルでナノ化(微細化)させているというこだわり!

ひとに相談できないデリケートな部分のケアが、これひとつで出来るなんて本当に夢のようでした!

実際に使ってみるとのびのよいクリームで、少量で広範囲に使えます。クリームが香りをおさえてくれて、低刺激。肌にも優しい。

こだわりという香りがもう少し強かったらいいな~。

更年期真っ盛りで1年中、よく汗をかくわたし、。加齢臭やボディのさまざまなパーツのにおいがとても気になり、口コミで大人気のデリケートゾーンのニオイ対策専用のクリームデオプラスラボPLATINUMを購入してみました。

驚いたのが、愛用のタイミングは夜のお風呂上りがベストであること。今までは朝のおでかけ前に、デオドラントスプレーなどを愛用していたので、最初は少し不思議でしたが、

愛用をしてみると、納得!

なんと24時間、消臭効果と制汗効果をしっかり実感できました。においが気になるボディのどこにでも愛用OKなのがとても利便性が高く魅力的!1日、加齢臭に悩ませられることもなく、快適に爽やかに過ごせ大満足!

夏場はもちろんですが、ニットを着る季節になると脇汗かきやすい私・・DASH!ヒートテック+ニットで、屋内にいるとジワーって汗ばむんですよねしょぼん

ワキガではないけど、やっぱ気になる!

どうせなら、サラっとした脇でいたい!

ということで探してみました。スプレータイプは好きじゃないし、液状のロールオンも冬場は寒いし、でクリームタイプにしてみました^^

米粒二粒分くらい出して、脇に塗り塗り。伸びはいいのにべたつきません。アルコール入りのクリームが苦手なので、速乾性はないけど、すぐさらっとしてくれます。

今ヒートテック+ニットでいますが、脇はサラサラ^^これをつけるようになってから、あの嫌~な「タラ~~」がないんです!!すごすぎる。

香りも強すぎず使い易いです。冬こそ、汗がこもりやすいので必需品です^^

デオプラスラボプラチナムの口コミ全般的に悪い口コミがほとんどありません!またデリケートソーンやワキガだけでなく、足裏のニオイやワキのニオイ防止に使用されている方が多くニオイケアに万能的に使用可能な点も高評価の口コミにつながっています。

制汗までの効果は期待できないようですが、お風呂上がりにデオプラスプラチナムを使用することで匂いを抑える持続時間が長くなっているようです。

クリームですので、垂れることや汗を書いても流れづらい点も評価されていますね。

デオプラスラボプラチナムの悪い口コミ

あまり効果を感じられませんがデリケートゾーン以外にも使えて全身使えるところが便利かな。

えぇ何を隠そうデオプラスラボプラチナムの悪い口コミがネットではほとんど見当たらないんです。多くの美容コスメや美容化粧品は悪い口コミが存在します。効果が実感できないとか広告のようにならなかったとか。

もちろん個人差やお肌の状態、使用環境によって口コミや評判はいろいろあります。

しかし、このデオプラスラボプラチナムは悪い口コミがほぼ存在しないですよ。

正直言いますと悪い口コミをやっと見つけて引用させて頂いたくらいです。

デオプラスラボプラチナムだけでなく、デオプラスラボも調べてみたのですがこちらも見当たりませんでした・・・。

私も接客中に気になりますし、女性特有の匂いの悩みはやっぱり深刻な悩みだと思うんですけどそれでもこれだけ高評価ですとデオプラスラボプラチナムのできが非常に優れているんだなって実感できます。

期間限定の特別定期コースも行っているのでぜひ一度チェックしてみてくださいね!

↑↑デリケートゾーンやワキの匂いに悩んでいる方は今すぐチェック↑↑

悩む女性のイメージ画像

手術でのワキガの改善を目指す場合、直視下手術法と非直視下手術法に分類することができます。いずれもアポクリン腺除去手術であり、一定の効果をもたらしてくれます。

ワキガ手術で1番オーソドックスな直視下手術法

はじめに、直視下手術法の施術内容としては、剪除法と呼ばれる手法が挙げられます。

メスを用いて3~5cmほど皮膚を切開する手術ですが、直接、目で確認しながらアポクリン腺を除去していくことになりますので、確実性があるのが大きな特徴です。特に慣れている医師が行うことで高い効果を発揮できる手術であり、高確率で症状を改善させることができます。

しかしながらリスクとして、手術跡が目立ってしまいがちという点が挙げられます。

シワに沿ってメスを入れることで目立ちにくくさせることもできるものの、しかしながら完全に見えなくすることは難しいです。そのため手術をしたことが分かってしまう可能性があります。

傷が原因で色素沈着をしてしまうリスクもはらんでいます。

部分的に黒ずみのようになってしまうことがあるため、そうした目立ちが気になってしまう可能性も否めません。

未熟な医師が行うことで、皮膚に穴を開けてしまう、再発をする、といったリスクも考えられます。

汗腺部分を薄くそぎ落とす時に失敗をしたり、切除漏れ起こったりと、こうした技術面が原因で起こる問題もありますので、基本的には技術のある医師に相談をすべき治療法です。

直視下手術法とは対象的な非直視下手術法とは

続いて非直視下手術法についてですが、この方法のひとつにまず皮下組織吸引法が挙げられます。

これは美容整形で行う脂肪吸引のような施術であり、1cmほどの小さい傷を作ってそこから管を入れて問題の汗腺を吸い出します。

大きく切開をすることがありませんので、傷跡になってしまう危険性は小さいと言えるでしょう。

一方で目視をしながらの施術ではないために、アポクリン汗腺が残っていると再発をすることがあるのが短所です。剪除法と比べても汗腺を残留させる可能性が高いですから、改善効果としては低くなってしまうこともあります。

吸引法よりも高い効果に期待ができる、超音波吸引法も非直視下で行う治療法のひとつです。

管を入れて吸い出す代わりに、超音波を発生させてその熱で汗腺を破壊します。

しかしヤケドや皮膚を壊死させてしまうといったリスクがある施術でもあります。

皮下組織削除法も非直視下で行う施術です。ローラーと刃が付いた専用の機器を用いる治療ですが、こちらも切開範囲が小さくて行える施術であり、高い効果もあることが明らかになっています、

ただ、回復までに時間を要すことや、高い技術がないと皮膚に穴を開ける恐れがあるというリスクが潜む治療法です。

いずれの治療法も一定の効果に期待ができますが、どの方法にもリスクがありますのでその点を踏まえて選択しなければいけません。

特に医師の技術力の程度は結果を左右するほど重要な要素のため、医師の選択をしっかりと行うことはもちろんのこと、十分なカウンセリングを受けて納得の上で選択することが求められます。

耳垢が湿ってる人はワキガなの?

綿棒の写真

耳掃除をすることでとれる耳垢は、汚いものをイメージする人の方が多いのではないでしょうか?

耳垢は耳の中で剥がれ落ちた皮膚や、耳の中に入ったごみやほこりなどがかたまってできたものです。

耳の穴から鼓膜までの間は外耳道と呼ばれているんですよね。

外耳道は3センチ程度の長さがあり、耳垢は外耳道の穴の手前から発生します。

耳垢の役割としては、耳の中でいらなくなったものを体外に排出するために発生します。

本来は耳掃除をすることなく、耳の外へ落ちるものなんです。

しゃべったり食べ物を食べるなど、顔の筋肉を動かすことで耳も一緒に動くので、それと同時に皮膚から剥がれ落ちるという仕組みになっています。

ワキガの原因はアポクリン腺と呼ばれる汗腺といわれていますが、外耳道にもこのアポクリン腺が存在しています。

個人によって耳の垢はカサカサと乾燥している人と、湿っている人に分かれます。

耳垢でワキガを判断できる理由

耳垢が湿るのは、右の中にあるアポクリン汗腺からの汗によるものです。つまり耳のアポクリン汗腺が多い人は耳垢が湿るということになります。

このアポクリン汗腺は、脇の下にも集中して存在しています。

脇の下にあるアポクリン汗腺から分泌される汗に含まれている成分が、脇の下の皮膚や毛に存在する細菌に分解されることで臭いを発生するのです。

アポクリン汗腺は人によって量が違います。

耳の中のアポクリン汗腺が多い人は、脇の下にもアポクリン汗腺が多く存在していると考えられています。

このことから耳の垢が湿っている人は、ワキガであるという可能性が高いというわけです。

日本人と比べると欧米人にはワキガの人が多いと言われています。

それと同じように耳の中が湿っている人も多く、反対に日本人はほとんどの人が乾燥しているといわれています。

そしてこの体質の人と、耳の垢が湿っている人の割合が同じくらいであることから、耳の中とワキガには深い関係があることがわかります。

しかし耳の垢が湿っているからと言って、必ずしもこの体質というわけではありません。

耳垢が湿っているからワキガと判断を決めつけてしまうの

耳の中にはアポクリン汗腺だけでなく、もう一つ皮脂腺が存在しています。

もう一つの皮脂腺から分泌されるものや、鼓膜の奥にある中耳と呼ばれる部分から分泌されるものも、湿らせることがあるからです。

どの分泌物によって湿るのかは、素人では判断することはできません。

自分勝手に判断し、自分の脇が臭うと決めつけるのではなく、明確な判断は医師に相談するようにしましょう。

ワキガが発生するのは、子供から大人へと体が成長する第二次性徴のころであるといわれています。

この思春期の時期になり自分の脇のにおいが気になる人が増えるのです。

しかし耳の中にあるアポクリン汗腺は、幼いころから成長しているので耳の穴が湿っているかどうかを確認することで、思春期以前からワキガ体質であるかどうかを判断する材料となります。

湿っているのがわかったら、すべてがそうというわけではありませんが、一度病院で診てもらうのもよいでしょう。