2017年4月現在、六本木ララァには

週3~出勤の方向けのポイント制と、

週1、2出勤の方向けの会員制ラウンジの給料システム

があります。

詳細は「ララァの待遇やバック、お給料について」の項目に書いてありますのでぜひ最後までお読み頂き、ご確認をお願いします。


ララァメインホール

今回は六本木の高級キャバクラ、六本木のララァをご紹介します!

六本木で超有名なキャバクラのララァは、2016年7月のオープンから爆発的に人気が出ているキャバクラでして、

店内のクオリティも素晴らしいですが、美女率の高さや常時40名以上出勤のキャスト数、お客様の数や質と、六本木エリアではなく日本でもTOPクラスのキャバクラとなっています。

セキネセキネ

ララァで働くことがすでにブランド!

キャバクラ自体が未経験の方でも実は安心して働けるのがララァなんです。

ララァの求人情報
営業時間 / 定休日 20:00~LAST / 日、土、祝日
給料システム ポイントスライド+バック / 会員制ラウンジシステムあり
給料日 末締めの翌月20日払い
日払い 10000円 / 全額日払い対応可能
保証 あり
体入時給 6000円~
ノルマ なし
ペナルティ なし
ドレスコード ミニドレス
終電上がり 対応可能
送り あり
バック 同伴、本指名、場内
キャストカラー モデル系、ニュークラブ系、清楚系モデル、
雑費 10.21% / 厚生費1日3000円(送り、ヘアメ込み)

面接や体験入店の申込はこちら

LINEから24時間、面接や体験入店の応募OK!
エリアや業種、時給や条件に応じて店舗選びの無料相談も歓迎です。
「エクラ~夜の副業選択術~」では入店お祝い金があります☆お気軽にご相談ください
*入店お祝い金のご用意には一定のご条件がございます。




こんにちは!
求人&サイト担当のセキネです。

ララァは歌舞伎町、渋谷、六本木、池袋、横浜、北はすすきの、南は博多と全国から有名キャバ嬢が集まっているキャバクラでして、

ララァで働くことがブランド

といっても過言ではないですね。

キャバクラ業界や西麻布、恵比寿の会員制ラウンジ業界からもララァの一人勝ちと評判となっています。

キャストからの評判と人気の秘密は、

  • 高額時給なのにノルマなし
  • バックの高さ
  • 会員制ラウンジの給料システムあり
  • 超富裕層と圧倒的なフリー集客数

六本木のキャバクラと会員制ラウンジのいいところをMIXしたような、待遇や給料システムがあるからなんですよね

フリー集客もパンチがあります!

22:00を回ってくるとウェイト(待ち)が出るほどの客数となっていまして、お客様をまだもっていない方にも多数のチャンスがあります。

また、その評判を聞きつけてか、銀座エリアで飲まれている超富裕層の方や西麻布の会員制ラウンジで飲まれている社長や芸能関係者、芸能人、音楽関係者とVIPと呼ばれる方が多数来店されているんですよね。

セキネセキネ

美女率、お客様の数、質でこんな揃ってるところって北新地ぐらいじゃないですか。

恐るべし六本木ララァ・・・。

ですので、

  • 六本木エリアでキャバクラを探されている方
  • 高額時給を狙いたい方
  • 他エリアのキャバクラに在籍されていて、ノルマなしで高額時給を狙いたい方
  • 会員制ラウンジよりいい時給を狙いたい方
  • 客層の良さやフリー集客の多いお店を探されている方

にララはオススメです。

特にララァをオススメしたい方は、

歌舞伎町のセリュックス(CELUX)、エンジェルフェザー(Angel Feather)、アマテラス(AMATERAS)、アジアンクラブ(azian club)、ジェントルマンズクラブ(Gentleman’z club)

渋谷のシーサイド(SEASIDE)、イースタイル(e-style)

>六本木の美人茶屋、美人茶屋離宮、舞人(マイト)

西麻布のディグリース、レジデット、アジト

恵比寿の38℃チケッツヴァレラ

といった各エリアでも知名度の高いキャバクラや会員制ラウンジから移籍を考えていらっしゃる方ですね。

それでは、六本木ララァの詳細についてどうぞ!




ララァ(Lalah)ってこんなキャバクラです

ララァのメインホール2

ララの店内を一言でいうなら、豪華絢爛の一言で、贅(ぜい)をつくした作りといっても過言ではないかと。

スタッフの方にお伺いすることがあったのですが、結構な額がかかっているとのことです。

えぇーご金額が凄すぎて語れないです

元々ララァは埼玉県の大宮にありますララァから六本木に進出されてきたキャバクラです。

大宮でのララァのコンセプトを六本木に持ち込んできた感じですね。

大宮のララァはお伺いしたことがないのですが、六本木のララァは凄いです・・・。

エレベーターからおりると緑のベルモットでウェイト専用のソファーがあります。王室のような雰囲気ですね。

そのまま、フロント(受付)に進むのですが、そこから左手に進むとメインホール、右手側に進むとvipルームが用意されています。

VIPルームは2部屋ありまして、一つのVIPルームは団体様用、もう一つはお一人様や少人数の方となっております。

この少人数用のVIPルームがまずすごくてですね、大理石をふんだんに使ってあり、電動で天井からおりてくるのパーティションがあります。

初めて見た時目がビー玉になったのは言うまでもありせん。

キャバクラというかオフィスでもなかなか見られない作りですね。

映画のワンシーンのようでしたよ。

もう一つの団体用VIPルームはカラオケと超大型モニター完備のVIPルームです。

こちらも圧巻でして、入り口からはいると3段程の階段を降りて大きな丸テーブルを囲む感じです。

10名ぐらいは入れるのかなぁと。

これ座ってみるとわかるのですが、VIpルームの入り口からキャストの方が降りてくると登場シーンが演劇というかアーティストのライブみたいな登場シーンなんですよね。

ドラマチックです。

このVIPルームの写メなり宣材写真なりあれば伝わりやすいかと思いますが、ちょっと手元にないので申し訳ないです。

ララァのメインルーム3

メインルームはアイボリーのソファーと暖色系の証明で高級な作りとなっています。

床と壁は黒や大理石の黒を用いているので締まるとこしまるといった作りがいいですよね。

ララァ在籍のキャバ嬢やキャストの方々

ララァ在籍のキャバ嬢の方は有名な方や他エリアで一度は名前を聞いたことのある方ばかりですね。

ララァ(Lalah)では公式インスタグラムを発信されているのでこちらからピックアップしてみたいと思います!

まず、六本木ララァの大変有名な方と言えば北川クリステルさんではないでしょうか。

SNSを積極的に活用されていて、知名度と人気は凄まじいです。お問い合わせ頂く際には必ずお名前が出てきます。

大阪の北新地にあります、小悪魔agehaプロヂュースの「club ageha」に在籍されていた一ノ瀬 愛加(いちのせ あいか)さんも六本木Lalahに移籍されています。

北海道札幌市中央区、通称「すすきの」にありますニュークラブ赤門倶楽部(あかもんくらぶ)に在籍されていた一条れいかさんも六本木ララァに移籍されています。

六本木ララァは都内だけでなく、全国から有名なキャストが集まっているんですよね。

オープンから凄まじい勢いの六本木ララァですが、しばらくたったあとに映画やドラマになりそうなお店ですね!

ララァの待遇やバック、お給料について

ララァは2016年7月のオープンからポイント制を設けていて、時給が獲得ポイントによって上がっていきます。

この時給とは別にバックが発生する仕組みとなっています。

それとララァにはこのキャバクラの給料システムとは別に会員制ラウンジの給料システムを設けてあるのもポイントです。

ですので、まとめますと

ポイント制の給料システムと会員制ラウンジの給料システム

の2通りあります。

会員制ラウンジって何??という方は「会員制ラウンジとは?」にまとめてあるので是非参考にしてみてください。

会員制ラウンジのお給料システムの基本は永久時給とバックのシステムになっています。

これはララァ側のご配慮でして、六本木エリアの特性上、西麻布の会員制ラウンジの女の子がキャバクラの方が時給がいいし、楽しい、やっぱりキャバクラで働きたいという理由で場合があります。

長く会員制ラウンジのシステムで働かれていた女性の方は特にわかると思うのですが、時給スライドや売上スライドなどポイントスライドなど売上に応じて時給が変わってしまうことに抵抗を感じるんですよね

「ポイントスライドぉ??うぅうーー」

みたいな感じです。

なのでそういった女性のために用意されている給料システムといってもいいと思います

また、あくまで”こちらハローワーカーなり”の推測になりますが、会員制ラウンジで働きたいという女性の多くは、モデルや読モをされている方、プロダクション在籍の方や芸能系のご経験者の方が多いのが特徴です。

そういった容姿やスタイルを重視したお仕事をされている方をララァでも積極的に採用していきたいという思惑もあるかと思います。

キャバクラは会員制ラウンジと比べると匿名性が薄くはなりますが、会員制ラウンジの不満である、

「時給が低い、シフトが薄いと出勤調整が入る、安定してお給料を稼ぐことができない、フリー入客が少ないのでお客様を掴むのが難しい」

といったことをララァは解消してくれるのではないでしょうか。

まずはポイント制のお給料システムやバックからご紹介しますね。

週3以上の方向けのポイントスライドシステム

まずご採用の時給は7000円からです。

この時点で高額時給なのと採用の高さが垣間見られます。

この最低時給から獲得したポイントに応じて時給が変わるようになっているんですよね。

オープン当初はこの時給7000円を得るためには最低獲得ポイントが24ポイントが必要だったわけですが、2017年4月現在では、時給7000円が最低採用時給の設定となったために0ポイントからのスタートになります。

給料システムに改定があったお話を聞いたときには

セキネセキネ

え?もうお給料システム改定したんですか?

と耳を疑った程です。

なんでかといいますと、お給料システムがキャストにとって優しい設定になっていたからです。

こういったキャストがもっと稼ぎやすくなるための給料システムの改定って通常ほとんどありえないことなんですよね。

なぜならお店の取り分が減るからです。

そこをかえりみずに、給料システムをもっとキャストが稼ぎやすいように、また、利潤をしっかり還元されていくところが純粋に感動しましたね。

愛沢ありさ愛沢ありさ

ワタシが現役の時にもこんなお店があったら良かったのに。

セキネセキネ

大丈夫!愛沢じゃ合格貰えないから 笑

愛沢ありさ愛沢ありさ

シバクっ!! 怒

肝心のポイントはどうやって獲得していくの?というところですが、

本指名が1P、場内0.5p、同伴1pとなっています。60分ごとに1p付く計算になります。

週1、2出勤の方向けの会員制ラウンジシステム

これはだいぶ特殊な方向けですが、ポイントシステムって結構抵抗のある方がいらっしゃるんですよね。

その方向けに会員制ラウンジのシステムはポイントシステムではなく時給とバックだけのシンプルな給料システムとなっています。

基本の時給は6000円から。

バックは本指名と場内が3000円、同伴バックが5000円ですね。

ポイントスライドのようにお客様を呼んでポイントで時給が上がっていくわけではなく、固定時給となっています。

バックもシンプルなので、呼んだ組数や場内本数に応じてバックが増えていきます。

会員制ラウンジのお給料を稼ぐポイントと全く同じです。

バックで自分のお給料を増やしていく感じですね。

ララァではこの2つのお給料システムを用いているのであなたにピッタリのシステムで働くことが可能ですよ。

なぜ売上スライドではなくて、ポイントスライドを採用しているのか?

「え?高級店なのに売上じゃなくてポイント??」

こう思われた方結構いらっしゃると思います。

実際にこのポイントシステムって賛否両論あるんですよね。

例えば月に300万使ってれるお客様を一人もっている場合で考えてみましょうか。

売上スライドの場合だと、たったひとりのお客様で売上が300万まで一気に上がりますよね。

仮に小計10万で時給が200円アップだと仮定すると、月300万使ってくれるお客様1人を呼ぶとそれだけで時給が6000円も一気に上がります。

たった一人でですよ?!

これがポイント制だとどうなるかといいますと、1ポイントです。

月300万使おうが、月に5万だろうが1セット本指名でこられたら1ポイントです。

ですので、太客を持っていようがあまり料金を使わないお客様だろうが関係ないわけです。

これが賛否両論を呼ぶわけですね。

逆に月に2万しか使わないお客様でも100組呼ぶことができれば、ポイントは100pとなり、時給を上げることが可能です。

つまり組数を持っていれば時給を伸ばせるわけです。

セキネセキネ

要にポイントスライドシステム、売上スライドシステム、どちらもメリットデメリットがあるわけなんですよ!

ではなぜララァはポイントシステムなのか??

それは・・・

ここでは書きませんw

何度か面接でご一緒させて頂いてますが、面接の際詳しくお話を聞くことができますので!

簡潔に書かせていただくなら、ララァの社長や経営陣の方々の

  • キャストへの配慮
  • ホスピタリティ溢れる考え方や想い

だと思います。

給料システムはあくまでキャストの方へのものですが、売上スライドシステムやポイントスライドシステムのメリット・デメリットを深くまで考えて、

キャストがお客様に対してどういった接客や考え方をしてほしいのか?キャストとお客様とのトラブルを避けるためにどうするべきなのか?

を天秤にかけた結果、ポイントスライドシステムを採用されたのではないかとセキネは考えています。

ララァは採用の基準が非常に高いため合格を頂くことが難しいですが、面接を受けるだけでも非常に価値があり、キャバクラに対する固定概念が変わると思います。

これはセキネが経験させていただいたことなので、間違いないかと思います。

ぜひ輝けるステージでお給料を稼ぎながら、キャバクラの真骨頂を楽しんで頂きたいですね!

ララァのその他の待遇

お給料システムにばかり注目をしてしまいましたが、待遇面も素晴らしいです。

  • 週1出勤OK
  • ノルマなし
  • 終電上がり可能
  • ヘアメイク、パウダールーム完備
  • 遠方の送り可能9(要相談)

となっています。

引かれるものは雑費としての10.21%と厚生費として1日3000円となっています。

「え?3000円もするの?」

と疑問に思った方もいらっしゃると思いますが、間違いなく3000円です。

ただこの3000円にはヘアメイクと送り代が含まれています。

ヘアメイクは提携の美容室やサロンではなく、パウダールームが完備されていてヘアメイクさんが常時5人以上スタンバイされています。

しかもフェイスもしてくださるんですよね。

高級店ならではの待遇とヘアメイク、フェイシャルをしてくれるのがいいですよね。

面接や体験入店ってどんな感じ?

六本木ララァは随時面接を受け付けています。

19:00頃から面接が可能となっていまして、21:00頃まで面接を行ってくれます。

ただ、お店の状況によっては面接の受付がストップしてしまうことがありますので早めにご連絡ください。

体験入店時給は6000円~となっています。

面接で仮のご採用を頂くと体験入店が可能となっていますが、当日の体験入店枠やキャストの出勤状況によっては即日の体験入店が難しい場合があります。

ですので、即日の体験入店が希望だったのに・・・と気持ちを落とさずに改めて日取りの良い日に体験入店をされることをオススメしています。

といいますのも、六本木ララァは体験入店をさせてもらうこと自体が難しいです。

これは前もってお伝えしておきますが、それだけご採用の敷居は高く全国でもTOPクラスの難しさなんですよね。

さらに体験入店が終わると本採用と言った流れになりますが、本採用を頂くことも難しいため、もしララァで本採用を頂けた場合は芸能オーディションでグランプリをとったようなものです。

冒頭でも書きましたが、「ララァで働くことがブランド」とはこういったこともあるからなんですよね。

もし、諸事情でララァを退店した後に、どこかのキャバクラや会員制ラウンジで働く際に「六本木のララァにいました」とお伝えするだけで、違うと思います。

ララァで働いていたという経歴はプラチナチケットと言ってもいいかもしれませんね。

面接時はシートに個人情報を書いて面接官の方とお話になります。

面接官はいつも店舗責任者の方が丁寧に説明してくれます。また、お給料システムの説明をしてくださるだけでなく、

  • 自分たちはどこからどういった経歴で独立してきたのか?
  • どういう思いで六本木ララァを立ち上げたのか?
  • なぜポイントスライドシステムを採用したのか?

などを細かくわかりやすく教えてくださいます。

六本木ララァの経営陣の方々は実は元々がINSOUグループ(美人茶屋やビゼ、ズーのグループ)ご出身の方々なんですよね。

当時は関西オスカーなどと呼ばれていて、東京に初めて進出されてきた方々が大宮で独立されて、満を持して六本木エリアに進出された方々です。

関西オスカーでも有名な松本社長の代のレジェンドの方々ばかり。

余談ですが、5年ほど前に初めて松本社長を拝見した時の衝撃は今でも忘れられないです。

そんなレジェンドの方々が六本木ララァにいらっしゃって面接に入って頂き説明をしてくださるわけですから、キャバクラの歴史といいますか、キャスト目線でイロイロなことを教えてくださいますよ!

六本木ララァの住所やアクセス方法

住所 東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd B1F

ララァは大江戸線六本木駅5番出口から歩いて5分もかからない場所にあります。

この六本木駅5番出口近辺は六本木の有名なキャバクラがひしめいてまして、マイト、美人茶屋離宮、リング、アローズ、アールなどがあります。

ララァで働かれている方はタクシー通勤の方が主になると思いますが、行き方をご紹介させていただきますね。

六本木駅5番出口

まずは六本木駅5番出口を目指します。大江戸線六本木駅などと呼ばれてたりしますね。

六本木駅5番出口を出たところ

5番出口を出るとこんな感じですね。

そのまま大通り沿いに50メートル程進みます。

以前は駐車場だったのですが、2017年4月現在は何かビルを建設しています。

もしかしたらまた新しくキャバクラが誕生するかもしれませんね!

この路地を右に曲り直進します。

するとすぐに交差点にきます。

六本木の有名クラブ瀬里奈がある交差点ですね。

左に曲りしばらく進むみますと、リブレットやビゼ、チック、美ノ間、ミトス、ミュゼルバのあるビルがあります。

ララァにいくには交差点を曲がらずに、さらに直進します。おおよそさらに30メートルほどです。

ゴトウビルのディアレストの写メ

そうしますと、六本木ディアレストが見えるビルが現れます。

ここがララァの入っている、ゴトウビルディング3rdになります。

ゴトウビルディング3rdの入り口

ララァにいくためにはエレベータに向います。エレベーターは路地を右に曲りすぐ左手にあります。

ゴトウビルディング3rd入り口2

ゴトウビルディング3rdの表札

ゴトウビルディング3rdにはオレンジテラスエボやディアレストといったキャバクラや

HY TOKYOの写メ

HY TOKYOという、マンダリンオリエンタル東京の初代総料理長でリッツ・カールトンホテルワシントンで総料理長に就任された山本秀正氏のダイニングバーがあります。

表札を過ぎて直進しますと、奥にエレベーターがあります。

このエレベーターから地下に進んでくださいね。いよいよ到着ですが女性スタッフの方やカチっとされたスタッフの方が要件をお伺いしてくださるので安心してくださいね!

ララァ(Lalah)のまとめ

ララァの詳細
営業時間 / 定休日 20:00~LAST / 日、土、祝日
給料システム ポイントスライド+バック / 会員制ラウンジシステムあり
給料日 末締めの翌月20日払い
日払い 10000円 / 全額日払い対応可能
保証 あり
体入時給 6000円~
ノルマ なし
ペナルティ なし
ドレスコード ミニドレス
終電上がり 対応可能
送り あり
バック 同伴、本指名、場内
キャストカラー モデル系、ニュークラブ系、清楚系モデル、
雑費 10.21% / 厚生費1日3000円(送り、ヘアメ込み)

*2017年4月現在、六本木ララァには週3~出勤の方向けのポイント制と、週1、2出勤の方向けの会員制ラウンジの給料システムがあります。

詳細は「ララァの待遇やバック、お給料について」の項目に書いてありますのでご確認をお願いします。

ララァ(Lalah)の面接や体入の申込はこちら

面接や体入の応募はLINEから
面接や体験入店の応募、店舗選びの無料相談を受付中です♪

LINEにてお友達追加して頂きますと、会員制ラウンジの新店舗求人情報や、キャバクラの求人情報をタイムラインから無料でCHECKできます。

また、エリアや業種、時給や条件に応じて店舗選びの無料相談も歓迎です!

ぜひ一度ご相談ください♪