卸)新宿食肉センター極入り口

「ウガァーー朝から旨い焼肉が食べたいっ!!」

そんな世の中の常識とはかけ離れた考えがふと頭をよぎったので新宿歌舞伎町にあります、「卸)新宿食肉センター極」に行ってきましたよ。

眠らない街歌舞伎町なんてフレーズが頭をよぎりますが、昔に比べると、

「え?ちょっと眠ってない歌舞伎町??」

なんてふと思うわけです。

セキネセキネ

朝方の歌舞伎町は元気ないねーなんか。

業界の人なんかはもう歌舞伎町は終わってるなんて聞きますが、それでもサパーだボーイズバーだ、朝キャバだーなんてものは未だに健在してるわけです。

深夜からサパーだボーイズバーだなんて飲んでると、空腹感は全く眠ってくれず、むしろ

「ふ、腹の無視は臨戦態勢だぜ、お前の腹の虫、全力で泣かせてやろうか?」

と織田信長バリに迫りくるものがありますね。

あぁー仙豆でも開発されないかねマジで。

さて、歌舞伎町で朝から焼肉の食べられるところと言えば、「元ちゃん」とか「焼肉どんどん」なんかが出てきますが、まぁそれなりのクオリティーなわけですよ。

焼肉って人それそれの価値観や味覚がもろ反映されてるフードなんて考えてるわけですが、「元ちゃん」や「焼肉どんどん」はメチャメチャ期待すれば、

「あぁ・・・なるほどねーうんうん。」

て感じですし、

「とにかく肉なんだよ!焼肉をとにかく食べないともうムリです」

の風前の灯火になってる時は、うめぇー・・・焼肉ですよ焼肉!みたいな変なテンションと安堵感に満たされているわけです。

でもやっぱり朝からビールと旨い焼肉を食べたくなる時ってあるじゃないですか。

場面ですけど、女の子連れてる時とか 笑

そんな時に抑えておきたいのが、”卸)新宿食肉センター極”。

いやー業界長いんですけどね、恥ずかしながらデビューしてきました。

今回はそんな卸)新宿食肉センター極をレポします。

セキネセキネ

あぁーもっと早くデビューしとけばよかった 笑

それではどうぞ!




卸)新宿食肉センター極ってどんな焼肉屋?

卸)新宿食肉センター極っていえば、人によって着目点が違うと思うんですけど、例えば、

  • 45分980円で焼肉食べ放題
  • 新鮮第一の内蔵
  • こだわりの国産上州牛や上州豚
  • 16:00~明朝9:00までの営業時間で年中無休

といったことがあるんですけど、今回注目してたのは、旨さと営業時間。

朝から旨い焼肉を食おう!って時点でちょっとズレてますが、そんな時に卸)新宿食肉センター極は期待に答えてくれるわけですよ。

インソウやプリンスグループならドリームガールやP1のイベントで、ドンペリゴールドいれてくれちゃうお客さんみたいな 笑

そんなカユイとこかいてくれちゃうのが、卸)新宿食肉センター極なわけですが、逆にお昼は営業してないのでちょっと注意が必要です。

まぁ、歌舞伎町って土地柄お昼はあまり人いないし、観光客ばかりですしね。

さて、グダグダ文章書いてもしょうがないので、お肉掲載しますか。

卸)新宿食肉センター極をレポート!

卸)新宿食肉センター極入り口

ずーっと極み極み言ったり聞いていたので、「焼肉屋極み」って名前かと思っていたら卸)新宿食肉センター極ってこの時初めて知りましたよ。

あぁー恥ずかしい。

茶色のデカデカした看板とノレンの感じが叙々苑やトラジとは一味ちがった、下町の焼肉屋を連想させます。

なんか築地感があるのが、セキネとしてはツボですね。

卸)新宿食肉センター極のA看板

ちゃっかり(いや、しっかりか)フジテレビ「みんなのニュース」で放映されたってアピール。

みんなテレビとか敏感だしね、逆にわかりやすいかもですねー。

新鮮第一の美味しい焼肉・ホルモン専門店と書いてある看板。

いやー牛の部位ってちょっと勉強不足なんですけど、えらくマニアックな部位がある気がしてならないんですけど、

  • のど軟骨
  • 牛ボンジリ
  • シマ腸
  • コブチャン
  • てっぽー
  • すき焼きカルビ

なんかがあります。てっぽーとコブチャンって初めて聞きましたよ・・・。

どこの部位なんでしょ。

入り口の探索はこれぐらいにして、卸)新宿食肉センター極に入ってみましょうかね。

朝方ということもあり店内に1組しかお客様がいないという。

ほぼ貸し切り状態!カウンターもあるので、カップルや一人でも焼肉を楽しむことができますね。

カウンター席はペアで6組分かな?ありますよ。

奥の方に広いボックス席とカウンターの向いにボックス席が3席ですかね。ボックス席は4人がけなんですけど、大柄な方はちょっと窮屈かもですね 笑

煙をバンバン吸い出してくれる排気口が焼肉コンロのギリギリに設置されているので、煙たさはなし。

てか、ほとんどお客さんいないから当たり前か・・・。

カウンター上には、焼肉メニューからシャキシャキキムチ、塩豆もやしといったおつまみまで、書いてあります。

今回案内されたのは、入り口に1番近いボックス席ですね。

ステンレスのテーブルが卸屋ぽくて素敵。

昔っからなんですけど、叙々苑とかトラジみたいな高級系焼肉よりも下町感のある焼肉屋の方が好きなんですよね。

女の子連れてくとドン引きされる方が多いので、野郎といくことがほとんどですが、こういう下町感あるほうが結構あたりのお店多くないですか? 笑

テーブルに案内されてひたすら物色っす。

うわーこの市場感たっぷりのステッカーがたまらん。

賞味期限が当日中っていうのがアオリ感出てていいっすね~ 笑

これいいなぁーセキネも書いてくれないかな~

セキネの賞味期限はもう終わってます。消費期限も終わってます。

せつねーなんか朝からセツネー!!

やっぱやめとこ、なんかテンション下がってきた。

特上シリーズもあるわけですが、一般店舗より安いとのこと。

お肉の相場を知らないけど、まぁなんか安いみたいですねコレ。

軟骨ドーナツにアボガドスライス、飲むヨーグルトも健在。

軟骨ドーナツ、アボガドスライスねーデザートかぁ~なんて思ってたら、おつまみ。

軟骨ドーナツなんて塩ダレで食べてくれって。あぶねぇー完全に固定概念で甘いのかと思ってたわ。

卸)新宿食肉センター極はやっぱり肉というか牛のプロなので、牛関連のヨーグルトもあります。

あ、これ別テーブルで頼まれてたな~。こちらも負けずに頼めばよかった・・・。

とりあえず、ビールを頼んで持ってきてもらう前に、食べる肉決めちゃいましょうかね。

デ、デザインがイカツイっすね・・・。

泣く子も黙るっていうか牛も黙るっていうか。

必殺仕事人じゃん、コレ。

いいの?これいいの?なんか愚連隊みたいになってますけど。

「肉のエキスパート達がおりなす、国産食肉内蔵専門店」って、おりなすの本当に??

肉のエキスパートって牛と豚だけですよね?!なんか恐ろしいんですけど 笑

いやーツッコミどこ満載なんですけど、とりあえず進みましょうかね~

え?メニューですよね?なんか秘蔵書みたいな感じで、出てきたんですけど。

昔の新聞見つけちゃいました~みたいな。呪怨の家にあってもおかしくないレベルなんですけど、雰囲気が。

またツッコミどこ満載なので一旦放置しますが、卸)新宿食肉センター極は、卸)神保町食肉センターグループの新宿店なんですよね。

「お肉は信頼できる店で食べたい」

そして、

「お客様の声に答えることこそが使命だと。」

あぁーーこれ激しく共感できるっす。セキネもよくありますもん。

キャバ嬢からよく写メ付きでLINEが来るんですけど、

「今日から浴衣イベントなんだよね~どう可愛くない??」

とか

「来週からバースデイイベントなんだよねーマジ緊張するし、マジムリなんだけど。」

とか、いろんなヘルプミーLINE飛んできますよ。

そんなとき思うんですよねー。

キャストの声に答えることこそが指名だと。

いやー激しく共感できるっすね~「卸)新宿食肉センター極」さんとこんなところで意気投合できるとは思わなかったですね~マジで。

え?違う??そっちの指名じゃなくて、使命??

え?そうなの?そっち側なの??なんだよー全然共感できないよそれじゃ~

てかさ、何なのあのLINE。もうあからさまに営業LINEじゃん!!

来てほしいならストレートに来てほしいって言えばいいじゃん!!

てかさ、この前もあったん・・・・

えぇ取り乱しました。さて、とりあえずお肉選びましょうかね。

いやー卸)新宿食肉センター極では”刺”も食べられるんですよね~。

焼肉屋で刺が食べられるっていうのが、ポイント高めです。

これが卸)新宿食肉センター極の強みといいますか、卸)神保町肉センターグループの強みですよね~。

さて、一通りメニューを物色しまして、今回は酢モツ、タン塩、すき焼きカルビ、スタミナタンカルビ、ハラミをチョイスしましたよ。

朝方に焼肉食いたいとか言ってたんですけど、なぜかコテコテのお肉と内臓は避けたいっていうのがありまして(歳のせいなのか・・・)。

で、待つこと5分少々。

酢モツ

まず出てきたのが酢モツ。

オニオンスライスと細かく切ってあるモツの相性が良くてですね、モシャモシャ食べてしまいましたね!

ビールと相性がいんですよ、酢モツ。

酢って聞くと酸っぱいのかな~って思う方いらっしゃるかもですが、実際にはほとんど酸っぱくなくて、本当サッパリ。

ちょっとしたつまみにはもってこいです。

そんな酢モツにはまってるとバシバシお肉が到着。

タン塩

タン塩でしょー。

すき焼きカルビ

カルビなのにすき焼き肉みたいに薄く切ってある、すき焼きカルビ。

スタミナカルビ

生ニンニクが載っかている、スタミナカルビ。

ハラミ

肉厚でステーキ感のあるハラミ。

これで前お肉が並びましたよ!

まずはタン塩から焼いてきます。

タン塩の肉厚さって結構こだわるというか人それそれだと思うんですけど、卸)新宿食肉センター極のタン塩はペラペラ過ぎず、かと言って肉厚でもないので、かる~く焼くだけですぐに火が通ります。

レモン汁につけてパクッ。

うまぁー、タン塩って結構食べてきたつもりだったんですけど、油を感じられるタン塩は初めてかも。

油なんですけど、サラサラ系なんで、全くクドくない!これは衝撃的でしたね。

ハラミ焼いてる写メ

お次はハラミ。

ハラミ焼いてる写メ

ハラミはお店によって提供の仕方が違うといいますか、薄く出してくれるところがほとんどだと思うんですけど、卸)新宿食肉センター極はゴロっと塊で出て来る感じですね。

これが肉厚感たっぷりで、ステーキみたいに食べられるんですよ!

しかも粗挽きコショウがふんだんにかけてあるので、食欲がとまりません 笑

そして、今回ハラミをガッツリ食べるのって初めて。いつもスライス系のハラミなので衝撃的でしたね。

ステーキ派と焼肉派で意見が別れると思うんですけど、普段ステーキ派のセキネからしたら、このハラミは全然ステーキ派も納得の焼肉ですよ。

うーん、癖になります。

最後に、すき焼きカルビ!

いやー最後にって書いたんですけど、スタミナカルビの写メを取り損ねるという大失態 笑

ニンニクを乗っけてガッツリ食べてしまいましたね!

というわけでスタミナカルビは今回パスです (泣)

すき焼きカルビは特性の甘口ダレに卵の黄身が入っているタレにつけて食べます。

これがですね、もう焼くというか、ちょこっと炙る(あぶる)だけで食べることができてしまうんですよ!

それまで肉を焼くために強火でガンガン焼いていたんですけど、すき焼きカルビのときだけ、弱火にします。

そうしないとすぐこげちゃいますから!

1枚めのお肉焦がしましたから 笑

鉄板に乗っけると、踊っているかのようにお肉が縮んでいきます。

「肉ってこんな動くの??」

というぐらい衝撃ですね。

サッと炙ったら、すぐに特性ダレにつけます。

すき焼きカルビ

黄身とタレ、カルビの絶妙な味わいは1度食べたらまた食べたくなる味。

すき焼きと言えば今半なんかが有名ですが、今半って1、2枚お肉を食べると結構満腹感というか胸焼け感でませんか?

卸)新宿食肉センター極のすき焼きカルビはそんなことがないので、何枚でも食べられてしまうんですよねー。

軽く炙ることで油がオチたせいかもしれませんが。

いやー気づいたらもう夢中になってお肉焼いて食べてましたね~

セキネセキネ

卸)新宿食肉センター極はお肉の鮮度にコダワッているだけあってクセがなくて美味しいですよ!

油も飛騨牛みたいにサラサラ!クドくないのが朝からガンガン焼肉食べられますね!

ごちそうさまでした!

卸)新宿食肉センター極の営業時間や店舗情報

それでですね、やっぱり気になるのは卸)新宿食肉センター極の営業時間とか店舗情報ですよね。

卸)新宿食肉センター極は焼肉屋なのに、営業時間がやっぱりパンチ聞いてまして、そのせいあってか深夜の時間まで行列できてたりするんですけど、

朝方近くになると並ばずにスムーズに入店できるんですよね。

狙い目はやっぱり電車の動いてない時間ですかね~。

卸)新宿食肉センター極の営業日や営業時間
  • 営業時間 / 16:00~翌9:00
  • 定休日 / なし

なんなんでしょ、この体育会系のノリ!好きですよ~こういうゴイゴイな感じが 笑

卸)新宿食肉センター極の住所やアクセス方法

住所 東京都新宿区歌舞伎町2-10-5 1F

歌舞伎町といえば1番街なんかは世界的に有名ですが、夜の業界の人なんかは風林会館がやっぱり王道ですよね。

風林会館には美人茶屋新宿が入っていますがかなり有名なんですよね。

というか歌舞伎町っていいたら、風林会館じゃないですか??

なんか歌舞伎町1番街のアーケード何かとピックアップされますけど、なんか違う気がするんですよねー。

卸)新宿食肉センター極はその風林会館の近くにありまして、わりとわかりやすい場所にあるんですよ。

JR新宿駅からでしたら、サブナードを通って区役所脇の15b出口がわかりやすいですね。

出口を出てまっすぐ行けばOKですから。

大江戸線東新宿駅からの場合はA1出口がわかりやすいですね。

出口を出て、左にすすむと”すしざんまい”とか鬼王神社の交差点まで進んでもらってあとは左に曲がってまっすぐですね。

東新宿駅といえば、焼肉の幸栄なんかもあってそちらもオススメなんですけどねー。

今度、久しぶりに行ってみようかな。

そんな感じで、卸)新宿食肉センター極は駅から遠いものの、マニアックな場所にあるわけではないので、歌舞伎町感を味わいながら楽にいくことができますよ!

卸)新宿食肉センター極まとめ

  • 歌舞伎町にあるので、アクセスはちょっと悪いかも
  • 16:00~9:00営業なので飲み終わりや朝方、急に焼肉食べたい!って時は本当に便利!
  • 刺し、焼き、と牛肉と豚肉をいろいろな食べ方で楽しめる!
  • おつまみももちろん充実!
  • ホルモンが好きな方も納得の味と値段!

まとめるとこんな感じですかね!

歌舞伎町で飲むことがあったらぜひ1度は行ってみてくださいね!